アドラー心理学によると「全ての悩みは対人関係の悩みである」らしい

profile 心の拠り所

アドラー心理学によると「全ての悩みは対人関係の悩みである」らしい

ベストセラーの「嫌われる勇気」を途中まで読んでいます。

その中で繰り返し触れられるこのフレーズ「全ての悩みは対人関係の悩みである」。

衝撃的なフレーズですね。

極論してしまえば、お金が無くて悩んでいても、根底には対人関係の悩みがあるということ。

例えば、お金が欲しいということは、誰かを養っていかなければならないこともありますし、誰かに借金をしているのかもしれませんね。

仕事に例えればもっと簡単です。会社を辞めたいと思うのは、会社や業務内容が嫌なのではなくて、それにかかわる人間関係が嫌なのだということ。

 

よくよく考えてみれば、悩みのタネには必ず自分以外の誰かがかかわっていますね。当たり前のことなのに、案外気づかないで別の原因を疑ってしまいます。

悩みの原因がはっきりしただけでも、心が軽くなりますね。

では、どうやって悩みを解決するのかは、またじっくり本を読んでから感想を書きたいと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

ABOUTこの記事をかいた人

キタズミ!

うつ病手前になって退職したり、会社から損害賠償求められたり、逆に精神的苦痛に対する慰謝料を請求したり、アパートの退去で高額の原状回復費用を求められたり、円錐角膜という病気になったり、そんな人生をブログにしてます。 現在は仕事を探している。 長野市で開催されるコンセプトカフェイベント「ルドロウキャッスル」を応援しています。