企業の人手不足により転職しやすい環境ができつつある

就活




転職するなら今しかない!

去年(2017年)から今年の頭にかけて転職活動をして、今現在再び転職活動をしています。まだ1年も経っていませんが、去年からと比べると、企業の姿勢に変化が感じられました。

・書類選考の通過率が上がった

・企業からのオファーの数が増えた(マイナビ・リクナビなど)

具体的に挙げると上記2点です。

人手不足が深刻化していると考えられます。

 

企業もえり好みできない状況になりつつある

去年の転職活動で感じたことは、人手不足と言いつつも、結局企業は優秀な人材(履歴書のスペックの高い人)や経験者を求めている傾向が強かった。

また、企業に従順で問題を起こしそうにない人を選んでいると感じていました。

ろくな会社がないな、と思い書いたのが下記のブログ記事です。

会社

転職活動で分かったのは、世の中ろくな会社がないということ

2018年4月26日

共感される方が多いのか、意外に多く読まれています。

 

理想の人材などいるわけがない

しかし、よくよく考えてみれば、優秀かつ経験者で、企業に従順そうな人間などほんの一握りしかいません。そんな求人をしたところで人手不足が解消するわけがない。

即戦力を求めるばかりで、育成するという観点に欠けています。

言い換えれば、今まで人材を育ててこなかったツケがまわってきているわけです。

そこに、企業が気づいたのかどうか定かではないですが、相変わらず求人数は多く、書類選考も通りやすくなって、企業からのオファーも多く届くような状況になっています。

企業としては、採用基準のハードルを下げざるを得ないわけです。

 

転職するメリット

転職を希望する人、実際に転職する人が増えると、結果的に世の中は良くなるはずです。企業にも労働者にもメリットがあるからです。

企業には必要な人材が手に入る、労働者は希望した職が得られるわけです。

 

視野が広がる

転職をすることで、他の会社、他の業界のとこともわかります。1社しか経験がないと、その会社のやり方が全てであり、正解だと錯覚してしまいがちです。

何社か経験することで自部の適性や自分に合った環境がわかります。

就活では、転職の回数が多すぎるとマイナス評価になるといわれていますが、違うと思います。たくさんの経験と知識があるわけですから評価されるべきです。長続きしない人間だというレッテルを貼り付けるような会社にはそもそも、就職しない方が良いです。

すぐ辞められても困ると考えている会社は、自社に自信がないのです。すぐに辞められてしまうようなヘボい会社だということです。

 

人材の流動化で悪い会社を排除する

転職には個人にもメリットがありますが、世の中全体のためにもなります。

転職が簡単に出来るような状況になると、当然良い会社には人が集まり、悪い会社からは人が出ていきます。

さらに転職がしやすくなります。適材適所でさらにお互いが成長できるようになるはずです。

自分に合っているのか分からない会社で働き続けるよりは、様々な会社を経験してベターな会社を探す方が良いです。企業もその方が、モチベーションの高い労働者を得られるはずです。

 

転職するなら今しかない

そうはいっても、今の生活もあるし、すぐに見つからないし、転職できないと考えているのであれば、本当は転職したくないのかもしれません。ただ現状に不満や愚痴をたれて慰めているだけで、何も変えたくないと考えているのでしょう。

いつだって、思いつたときに行動しないと一生行動できないままです。転職するなら今しかないのです。

 




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

ABOUTこの記事をかいた人

キタズミ!

うつ病手前になって退職したり、会社から損害賠償求められたり、逆に精神的苦痛に対する慰謝料を請求したり、アパートの退去で高額の原状回復費用を求められたり、円錐角膜という病気になったり、そんな人生をブログにしてます。 現在は仕事を探している。 長野市で開催されるコンセプトカフェイベント「ルドロウキャッスル」を応援しています。