(転職)ハローワークがオワコンすぎる理由

ハローワーク




ここまでオワコンだとは思わなかった…

転職する際に誰もが一度はお世話になるだろうハローワークだが、様々な転職サービスの登場でその存在意義は薄れている。にもかかわらず、ハローワークは昔から変わることなく同じようなことしかしていない。むしろ使わない方がよいのではないかと言えるほどだ。

 

わざわざ出向く必要がある

ハローワークは紹介状というシステムを採用している。紹介状をハローワークからもらって企業に応募する必要があるのだ。この紹介状というシステム自体、求職者に何のメリットもない。それをもらうために、わざわざハローワークまで出向いて、長い待ち時間を過ごさねばならない。全く無駄な時間である。

しかも、その紹介状を応募先へ郵送するという手間も発生する。

細かいことを言っているようだが、マイナビやリクルートなどはネットで応募が可能であり、外に出る必要はない。出かける時間や待ち時間を他のことに有効に使える。

 

仕事が探しにくい

これも上記と同様、わざわざハローワークまで行かなければならない。面倒極まりない。

一応、インターネットからも全国の求人検索が可能ではあるのだが、ハローワークに設置されているパソコンとは検索方式や画面表示が違っていて、非常に使いにくい。なぜ統一しないのか不思議でしょうがない

ハローワークでは管内検索ができるので近隣市町村まで幅広く探すことができるが、インターネットでは市町村単位でしか検索できない。隣接市町村を検索する場合は条件を指定しなおさなければならない。

だからインターネットで見つけた企業の資料をハローワークで取り出そうとしても、検索方式が違うので面倒なこともある。

画面や一覧表示の見やすさもハローワークの方は、仕事内容・賃金・企業名などが一覧で表示されるが、インターネットでは企業名が表示されないので、いちいち詳細を確認しなければならない。しかも、企業側の意向によって詳細表示しても企業名が表示されないこともある。

詳細項目の表示もなんだかよくわからない順番で表示されるので、必要な情報が分かりにくい

他の転職サービスを使い慣れていると、使い勝手がイマイチなのだ。利用者のことを全く考えていないと言える。

 

意識の低いハローワーク職員

公共サービスのせいか求職者へのサポート体制もイマイチだ。他の転職サービスと違って、求職者が就職に成功しようが失敗しようがハローワークの職員は税金から決まった給料が出るので意識が低い。他の転職サービスは利用者が就職に成功すれば、それが自分達の利益になるからサポートは真剣だ。

ハローワーク職員の意識の低さの例を以下に示す。

その判断は企業がするものです。他にもアドバイスの仕方があろうに。

求職者のモチベを下げる発言。

なぜ、こうも渋るのか?

確かに私はもういい歳だし、特に秀でた資格もない、職歴もつぶしがきかない事務経理しかなく、無職の期間が長い。何と言われても仕方ないのだろうが、これではハローワークでは仕事は見つけられないし、モチベーションも下がるだけだ。何のためのハローワークだろうか

ハローワークの就職対策セミナーでは、企業の採用の決め手の7割以上は人間性だというが、ハローワークには人間性のかけらもない職員が少なからず存在する。

 

転職市場の中のハローワーク

今や優秀な人材ほど、リクルートやマイナビなどを利用してキャリアアップにつなげているだろう。簡単に全国の優良企業の求人が見つけられて、簡単に応募できるからだ。優秀な人材ならお金を払ってでも欲しいという企業も多くなった。

仕事検索もindeedの登場のおかげでハローワークをしのぐ情報が無料でスマホで手に入る。もはやハローワークを利用する価値は少ない。

ハローワークだけを利用する企業も意識が低い

こういった流れが加速している現状、ハローワークだけに求人を出している企業の質も知れてしまう。企業側は無料でハローワークで求人を出せるが、それしかメリットがないともいえる。優秀な人材は他の転職サービスを利用しているからだ。ハローワークだけでは優秀な人材を得られる可能性は低い。

能力に自信のない人も

私のように経歴や資格、年齢的に不利だと思えるような人間でもハローワークの利用価値は少ない。ハローワークのやり方ではそういった人は余計に自信を失いかねない。思い切って他の転職サービスを利用した方が、自分の成長につながるだろう。




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

ABOUTこの記事をかいた人

キタズミ!

うつ病手前になって退職したり、会社から損害賠償求められたり、逆に精神的苦痛に対する慰謝料を請求したり、アパートの退去で高額の原状回復費用を求められたり、円錐角膜という病気になったり、そんな人生をブログにしてます。 現在は仕事を探している。 長野市で開催されるコンセプトカフェイベント「ルドロウキャッスル」を応援しています。